薬剤師の転職でよく聞く志望動機とは

転職の志望動機として最も多いもの、それが収入面の強化

転職の志望動機として最も多いもの、それが収入面の強化次に志望動機として多いのが、労働環境の改善残り数年でこの売り手市場は落ち着くであろうと言われています

薬剤師の世界は、転職する人が多いことで知られています。
一般企業に勤める会社員と比べても、その数は明らかに違います。
しかも違う職種を希望するのかというと、実はそうではありません。
同じ業界の中で職業を変えずに、職場を転々とするスタイルが多いのです。
では何故そういったことが起きるのか、代表的な志望動機と併せてご紹介をしていきます。
まず志望動機として最も多いもの、それが収入面の強化です。
もう随分と前から薬剤師の需要はずっと右肩上がりで、大学や専門学校でも薬学コースを設置するところが増えてきました。
この職種はまさに売り手市場、働く場所を探すだけならそう苦労はしないのです。
ところがどこで働くかによって、手にする収入に非常に格差があるのも事実です。
例えば病院勤務の人であれば、規模の大きな病院になるほど収入が少なくなる傾向があります。
普通に考えれば大きな病院で働けるのは名誉のように感じるのですが、この業界ではそうとは言えません。
月収20万円程度で働くことも当たり前で、継続して勤務をしてもあまり経済的に豊かになる見込みがないわけです。
一方で調剤薬局やドラッグストアで働く人は、平均で月収40万円から60万円ほどを実現させています。
中でもドラッグストアはここ数年で乱立状態にあり、人材確保の競争に勝つため賃金を多めに設けているのです。

有限会社 出嶋薬局 朝来店の薬剤師求人情報と採用されやすい応募方法の手順 ⇒https://t.co/GCXteADluB #有限会社  出嶋薬局 朝来店薬剤師求人#有限会社 出嶋薬局 朝来店薬剤師募集#有限会社 出嶋薬局 朝来店薬剤師転職#

— JH Be my sunshine♡ (@LacyWasserman1) March 11, 2020