薬剤師の転職でよく聞く志望動機とは

残り数年でこの売り手市場は落ち着くであろうと言われています

転職の志望動機として最も多いもの、それが収入面の強化次に志望動機として多いのが、労働環境の改善残り数年でこの売り手市場は落ち着くであろうと言われています

また先程の労働環境に伴うこととして、急な休みはあまり取得できない現実があります。
突然体調不良を起こして休んだ結果、同僚から嫌味を言われるようになったといった話も結構な頻度で聞こえてくるのです。
もちろん職種別に見て、特別いじめやパワハラが多いわけではありません。
そこは他の職種と大差はないのですが、要は他の人に気を遣うことが多いのが志望動機に繋がっているのでしょう。
そして最後は、自身のキャリアアップを目的とした転職です。
どこで勤めるかによって、薬剤師は今後の将来性が大きく変わることがあります。
例えば昇進先のポストがあるのかどうか、学生時代には学べなかった知識が身に付けられるのかなど、重視するポイントは人それぞれです。
しかしキャリアアップを目指す人の大半は、病院勤務を希望します。
これは様々な症状を抱えた患者や緊急性を要する急患と接することで、知識の幅やスクランブル能力を伸ばせるからだと言われています。
ここで気になるのが、前述の年収についてのお話です。
病院勤務は基本的に給与が安いと触れましたが、片やキャリアアップを目指すなら多少の低賃金には目を瞑る勇気が必要なのかもしれません。
何もかもを上手に手にするような職場は、そうそうないということなのです。
以上が、薬剤師の転職でよく聞く志望動機になります。
仕事を辞めるときはその伝え方も難しいものですが、ここまで人の入れ替えが激しいと逆にハードルは低くなるのでしょう。
実際にこの業界では、あまり強引な引き留めや妨害といったものがありません。
人が減ればまた別の人を増やす、それがセオリーなのです。
とはいえ、本音と建前といった言葉があるように、辞め方も大切なことは忘れてはなりません。
嫌ならすぐ辞めればいいというのも、全くの筋違いでしょう。
専門家の予想では、残り数年でこの売り手市場は落ち着くであろうと言われています。
そのときに備えて、今から骨を埋める覚悟を持てる職場を見つけておいた方がいいのではないでしょうか。
今後も、この業界からは目が離せません。