薬剤師の転職でよく聞く志望動機とは

次に志望動機として多いのが、労働環境の改善

薬剤師 転職 / 薬剤師転職の成功方法・おすすめ転職サイトと使い方

転職の志望動機として最も多いもの、それが収入面の強化次に志望動機として多いのが、労働環境の改善残り数年でこの売り手市場は落ち着くであろうと言われています

つまり新人の頃は病院で働いていたものの、将来への不安を鑑みて調剤薬局やドラッグストアに移りたがる人が多いということになります。
次に志望動機として多いのが、労働環境の改善です。
先述のように現在の薬剤師は、圧倒的な売り手市場の中にいるのは間違いありません。
ところがその分非常に忙しく、残業や予期せぬシフトに悩まされる人も沢山います。
一般企業でも働き方改革がようやく叫ばれるようになりましたが、そうした改善を求めて転職する人が多いということです。
現場が忙しくなりやすい理由に関しては、そもそもの転職者が多いことも影響しています。
ある日突然に同僚が次々と辞めてしまい、気が付けば1人で働いていたという事例も現実に起きているのです。
人の入れ替えが激しい業界ではよく起こることですが、たった数ヶ月で労働環境が激変してしまう可能性がある職種はそうはありません。
売り手市場と聞くと羨ましく思えるものですが、だからこその苦悩も感じ取れるでしょう。
他には、人間関係の悪化による志望動機も多いです。
これは転職理由として定番になりつつありますが、薬剤師の世界でも同様に悩みのタネになりやすいことです。
特に病院勤務をしている人は、所謂縦の関係が大変広い特徴があります。
同僚や先輩だけでなく、看護師や医師、患者との関係性も考慮しなくてはなりません。
これだけ関わる人が大勢いれば、どこかで嫌な経験をするのは時間の問題なのです。